プロフィールと近況報告

プロフィール

藤巻裕蔵(ふじまき ゆうぞう)

1938年12月生まれ,東京都出身
北海道の鳥を見たくて,大学時代に北海道に渡り,それからずっと北海道の住人. これまでに住んだ所は,札幌市,美唄市,帯広市
所属学会・団体:日本鳥学会日本野鳥の会日本白鳥の会, 日本オシドリの会など.   *** <Facebookへ>***

最近7年間に発表した論文・著書・その他のリスト

Ito, H., Yoshino, T., Nakamura, S., Endo, D., Fijimaki, Y., Nakada, T. and Asakawa, M. 2012. Isolation of three nematode species from the Hazel Grouse, Bonasa bonasia vicinitas Riley, 1915, in Hokkaido, Japan. Jpn J Zoo Wildl Med 17: 21-25.
藤巻裕蔵.2012.北海道におけるヤマガラの繁殖期の分布.山階鳥類学雑誌 43:189-193.
藤巻裕蔵.2012.北海道中部・南東部におけるヤブサメとウグイスの繁殖期の生息状況.森林野生動物研究会誌 (37):1-6.
藤巻裕蔵.2012.石狩川下流部沿いにおける繁殖期の鳥類相.Strix 28:51-58.
藤巻裕蔵,2012.低温での鳥類の姿勢.山階鳥類学雑誌.44:27-30.
藤巻裕蔵.2012.鳥類が食べる植物の種子・果実.森林保護 (328):27-28.
藤巻裕蔵.2012.北海道鳥類目録改訂4版.極東鳥類研究会,美唄.
藤巻裕蔵.2012.新厚岸町史,第三章厚岸町の動物(森林の鳥類,湿原・河川・湖沼の鳥類,農耕地・4市街地の鳥類).新厚岸町史,135-142.
藤巻裕蔵.2013.シマフクロウの巣箱.森林保護 329:7-8.
藤巻裕蔵.2013.北海道中部・南東部におけるヒガラの繁殖期の生息状況.森林野生動物研究会誌 (38):1-5.
藤巻裕蔵.2013.関東地方におけるオシドリの分布.Strix 29:89-94.
藤巻裕蔵.2013.レッドリスト・鳥類の改訂.私たちの自然 (588):3-5.
藤巻裕蔵.2013.北海道におけるクマゲラの繁殖期の分布.山階鳥類学雑誌 45:39-45.
藤巻裕蔵.2014.ロシア人の姓と動植物.森林保護 (333):4.
藤巻裕蔵.2014.エゾライチョウとダイヤモンド.森林保護 (333):5.
藤巻裕蔵.2014.北海道中部・南東部におけるマミジロとトラツグミの繁殖期の生息状況.森林野生動物研究会誌 (39):1-6.
藤巻裕蔵.2014.北海道におけるヤツガシラの渡来状況.Strix 30:109-113.
藤巻裕蔵.2014.冬に白くならないエゾライチョウ.モーリー (35):24-27.
藤巻裕蔵.2015.北極圏と行き来する渡り鳥.モーリー (38):22-25.
藤巻裕蔵.2015.北海道中部・南東部におけるコゲラとコアカゲラの繁殖期の生息状況.森林野生動物研究会誌 (40):1-6.
藤巻裕蔵.2015.デザインのクマゲラ.森林保護 (338):15-16.
藤巻裕蔵.2015.北海道中部・南東部におけるキセキレイとハクセキレイの繁殖期の生息状況.Strix 31:87-96.
藤巻裕蔵.2015.北海道におけるヤマゲラの繁殖期の分布.山階鳥類学雑誌 47:33-39.
藤巻裕蔵.2016.ネズミの坑道に巣を造る鳥.森林保護 (341):7-8.
藤巻裕蔵.2016.路上の鳥たち.北海道野鳥だより (183):8-9.
藤巻裕蔵.2016.北海道中部・南東部におけるジュウイチとツツドリの繁殖期の生息状況.森林野生動物研究会誌 40:11-17.
藤巻裕蔵.2016.北海道中部・南東部におけるモズの繁殖期の生息状況.Strix 32:117-123.
藤巻裕蔵.2016.コヨシキリの不思議.北海道野鳥だより(185):7.
藤巻裕蔵.2016.農耕地孤立林におけるアオジの繁殖期の生息状況.日本鳥類標識協会誌 28:1-8.
Yamaura Y, Sclmaljohann H, Lisovski S, Senzaki M, Kawamura K, Fujimaki Y, Nakamura F. 2016. Tracking the Stejneger’s stonechat Saxicola stejnegeri along the East Asia-Australian flyway form Japan via China to southeast Asia. Journal of Avian Biology 47:001-006.
藤巻裕蔵.2017.国後島・択捉島の山々.森林保護 (344):31-32.
藤巻裕蔵.2017.北海道の市街地のスズメ生息数の動向.北海道野鳥だより(187):8-9.
藤巻裕蔵.2017.北海道におけるホトトギスの分布.山階鳥類学雑誌 48:65-73.
藤巻裕蔵.2017.北海道におけるキクイタダキの繁殖期の分布.森林野生動物研究会誌 42:1-7.
藤巻裕蔵.2017.北海道におけるアオバトの分布と生息環境.知床博物館研究報告 39:103-104.
藤巻裕蔵.2017.クマゲラの巣.森林保護 (346):15-16.
藤巻裕蔵.2017.北海道におけるメジロの繁殖期の分布.Strix 33-119-129.
藤巻裕蔵.2017.シュミット半島(サハリン)での鳥類調査.北海道野鳥だより(190):8-9.
藤巻裕蔵.2018.北海道の森のライチョウ・エゾライチョウの一年.BIRDER 32(3):28-29.
藤巻裕蔵.2018.礼文島の鳥類相の特徴.利尻研究 37:53-56.
藤巻裕蔵.2018.北海道におけるカワガラスの繁殖期の分布.森林野生動物研究会誌 43:13-18.

このほか,「森林保護」誌に「千島列島の哺乳類」(ロシア語を翻訳)を連載中.

近況報告

2018年

6月18日

道北内陸部でのコヨシキリの分布を明らかにするため,18日士別市の天塩川沿いで調査をしましたが, コヨシキリを確認できませんでした.予想としては,音威子府の森林地帯より上流部には飛来していないと考えています.

6月13日

わが家の裏の公園にオシドリの雌雄が飛来.ここでは初記録.池の縁でさかんに草を食べていました.

6月11日

9日から11日まで置戸でコガラの調査をしました.6月にしては異常な低温で,勝北峠では9日の朝には2℃でした.鹿の子ダムや勝北峠付近では,コガラの囀りは聞かれたものの,ハシブトガラ はゼロでした. 塩狩

5月16日

和寒町の塩狩で鳥類調査をしました.鳥の出現状況はマアマアで,センダイムシクイとキビタキが優占していました. 調査路には旧国道を利用しましたが,道路両側から植物が進出し,まるで舗装をした林道のよう.国道当時の面影を残しているのは道路標識 だけでした(右写真).

4月22日

今年も繁殖期の鳥のセンサスを開始しました.今日がその1日目.まず足ならしで,調査地は1か所です.

4月7日

今年は北大合唱団OB会の第11回演奏会の年.今日から週1回の練習の開始です.

3月15日

まだかなり積雪がありますが,だいぶ春らしくなってきました.昨日あたりから急激に雪融けがすすんでいます.庭もほんの一部ですが,土が見えてきました.

3月5日

シマフクロウ保護増殖検討会に出席.北海道のシマフクロウの生息数は,これまで推定約140羽とされていましたが,今回の検討会で,現在確認されている個体数は165羽と報告がありました.生息数は微増で,分布域もやや広がっているようです.これに伴い,生息環境整備が急がれます.

2月27日

ライチョウ保護増殖検討会に出席.飼育下のニホンライチョウの繁殖は順調で,個体数もだいぶ増えてきました.しかし,野外放鳥個体が出るのはまだ先のことになるでしょう.それにしても,東京は暖かですね. 2018年

1月28,29日

久しぶりに洞爺湖温泉に行きました.2日間とも天候に恵まれ,快適な旅でした.

1月14日

今日は,町内会の新年会.例年と違い,会場はゆーりん館.温泉付きの新年会でした.

1月1日

明けましておめでとうございます.元旦は雪の降らない一日になりそうで,ゆっくりと過ごせそうです.

2017年

12月23日

今日の誕生日で満79歳になりました.

12月20日

この冬は大雪です.美唄の降雪量はすでに6mに達したとのことです.例年ガレージの雪下しは1月上旬ですが,この冬はもう2回も雪下しをしました.

11月11-12日

札幌で研究室OB会でした.参加者50余名で,なかなか盛大でした.いつもは8月にわが家か帯広の柳川宅の庭で開催していましたが,今回は室内で大勢集まれる条件を準備していただきました.卒業以来の顔も見られ,楽しい一夜でした. 中山峠

10月17-18日

ニセコの山田温泉に行ってきました.ホテル周辺で観察された鳥類はハシブトガラスだけで,鳥の収穫はなし.帰りの中山峠はすでに冬景色でした.

10月10-11日

浜頓別に行きましたが,往路では特急「宗谷」が故障で深川で運転中止,後続の特急で旭川までゆき,あとは代行バス.到着は予定より2時間遅れ.8月7日には釧路で会議でしたが,江別付近で普通列車から煙がでて運転中止,おかげで美唄→札幌の特急が遅れ,釧路行きの特急に乗車できずじまい.次の特急では会議が終る頃に到着するので,この日は釧路行きを断念,一体JR北海道はどうなっているのか.

10月3日

朝起きたら,なんとなく寒く,薪ストーブを焚きました.いよいよストーブの季節です.

9月23-24日

奥尻島に行ってきました.1日目はあまりよい天候ではありませんでしたが,2日目は朝から晴れ,景色も美しく,快適でした. コスタ

9月6日

夕方,裏の公園で満月を愛でる観月会があり,雅楽が演奏されました.しめくくりは「越天楽」.演奏会後,東の空に満月が顔を出しました.

9月2-3日

網走市呼人で開催された日本野鳥の会北海道ブロック協議会の総会に参加しました.台風15号の影響もほとんどなく,翌3日の濤沸湖での探鳥会も楽しむことができました.このとき,Y.Y.さんにエゾライチョウをデザインしたコースターを頂きました(右写真).

8月27-28日

室蘭市で開催された北海道バンダー連絡会の総会・勉強会に参加しました.28日にはBさんの網場で標識,一番多かったのはエゾムシクイでした.普段の調査ではもっぱら声を聞くだけですが,標識では姿をゆっくり観察できます.このほか,上空でアマツバメの群れが飛び交い,ハヤブサやオオタカも姿を現しました.
・・・夏空に群れ飛び交うやアマツバメ
・・・トビ一羽岬の空に弧を描く
・・・ハヤブサは王者なれども孤独なり

7月11日

今日で今年の繁殖期の調査を終えました.今年はオオジシギとカワガラスの分布についてまとめるつもりです.

5月4日

余市の登川沿いで鳥の調査をしました.このあたりでは,農耕地がほとんど果樹園で,十勝地方や空知地方の農耕地とはかなりおもむきが違いますが, 観察される鳥は他の地域の農耕地と大差ありませんでした.前の日に余市川沿いのサクラを見に行きましが,満開までもい一歩というところでした. 4月初めに韓国で花見をし,北海道では1か月遅れの花見となります. 大雪山

5月2日

このような大雪山のガイド地図が刊行されました(右の写真).表は1/25000地形図,裏は地質,植物,哺乳類,鳥類,昆虫などの解説です.英語版で,外国人向けですすが,地名は日本語でも書かれていますので,私たちも十分利用できます.私は鳥類の解説を担当しました.


 
トップページに戻る