論文集「極東の鳥類」

ロシア極東の鳥類に関する論文の和訳を極東鳥類研究会の会誌として毎年発行しています.
★は在庫なしですが,そのうち一部の号(pdf版)を見ることができます. <pdfを見る>

★ソ連極東の稀少鳥類(1984年発行)

★極東の鳥類1(1986年発行)

★極東の鳥類2,3:「カムチャツカで繁殖する鳥類1,2」(1988,1989年発行)

極東の鳥類4:サハリン特集(1990年発行,116頁)

極東の鳥類5,7,9:E. P. Panov(1973)「南ウスリーの鳥類1-3」(1991-1993発行,287頁,2は電子版)

★極東の鳥類6:千島特集(1991年発行)

★極東の鳥類8:極東北部特集(1992年発行)

★極東の鳥類10:アムール川流域特集(1993年発行)

★極東の鳥類11:ワシ,タカ,フクロウ特集(1994年発行)

極東の鳥類12-14:V. A. Nechaev(1991)」サハリンの鳥類1-3」(1995-1997発行,521頁)
  サハリンにおける十数年間の調査結果の総まとめで,1991年に出版され,355種の鳥類について,分布や生態について詳しく述べているほか,「サハリンの鳥相の特徴」,「島の鳥相の人為変化と鳥類保護に関する提案」の章がある.

★極東の鳥類15:北東アジアのツンドラにおけるシギ・チドリ類の生態(1998年発行)

★極東の鳥類16:ガン,ハクチョウ類特集(1999年発行)

★極東の鳥類17:海鳥特集(2000年発行)

極東の鳥類18:千島・サハリン特集(2001年発行,96頁)

極東の鳥類19:重要生息地・希少種特集(2002年発行,85頁)

極東の鳥類20:猛禽類特集(2003年発行,98頁)

極東の鳥類21:シギ・チドリ類特集(2004年発行,99頁)

極東の鳥類22:V. M. Polivanov(1981)「プリモーリエの樹洞営巣性鳥類の生態」(2005年発行,122頁)

極東の鳥類23,24:Yu. N. Nazarov(2004)「ウラジオストク市とその周辺の鳥類1,2」(2006-2007年発行,202頁)

極東の鳥類25:スズメ目鳥類特集(2008年発行,115頁)

極東の鳥類26,ハクチョウ・ガン・カモ類特集(2009年発行,113頁)

極東の鳥類27,海鳥特集(2010年発行,123頁)

極東の鳥類28-30,ロシア極東鳥類目録1,2,3(2011-2013年発行,306頁)

極東の鳥類31:スズメ目鳥類特集(2014年発行,123頁)
  スズメ目鳥類に関する論文4編を収録

極東の鳥類32:千島・サハリン特集(2015年発行,112頁)
  南千島のケイマフリ,エトピリカ,ウトウの論文をはじめ,30編の論文を収録.

極東の鳥類32A:論文集「シマフクロウ」(2015年発行,96頁)
  ロシアのシマフクロウに関する著書(シマフクロウの部分の抜粋)・論文33編(1954-2013)の和訳.

極東の鳥類33:プリモーリエ特集(2016年発行,110頁)
  ロシア沿海地方の鳥類に関する論文36へhhを収録

極東の鳥類34:シギ・チドリ類特集(2017年発行,110頁)
 ハマシギ,ヘラシギなどシギ・チドリ類に関する論文20編を収録

極東の鳥類35:大型鳥類特集(2018年発行,110頁)
  アホウドリ,コウノトリ,タンチョウ,シマフクロウなどに関する論文

極東の鳥類35A:ロシアのシマアオジ(2018年発行,28頁)

「極東の鳥類」各号の詳しい目次を見る

上に紹介した「極東の鳥類」は,ホビーズワールド(Hobby's World)エコ・ネットワーク榧(かや)古書店で扱っています.

book 「南千島鳥類目録−国後,択捉,色丹,歯舞−」はV.A.ネチャエフと藤巻裕蔵の共著で,1994年に北海道大学図書刊行会から出版されました.
南千島−国後島,択捉島,色丹島,歯舞諸島で記録された280種の鳥類のリストです.
前半は日本語で,後半はロシア語で書かれています.
各種について,和名,ロシア名,英名,学名,簡単な分布・記録が記載されています.

これ以外にも,同研究会から以下の特集・ロシア語辞典が発刊されています.
オシドリ資料集1:日本とロシア極東のオシドリ
鳥類・哺乳類ロシア語辞典

トップページに戻る